[home][up]




クロッカスの花弁分化時期

Timing of petal initiation in crocus tritonia



1

2

3

4

5

 Fig. Initiation of perianth in crocus tritonia.

1) Initiation of flower bud, 2) Initiation of lateral 2 outer perianthes, 3) Initiation of abaxial 1 outer perianth and initiation of stamens, 4) Stamen development and initiation of 2 lateral inner perianthes, 5) Beginning of perianthes development.

fb: flower bud, ip: inner perianth, op: outer perianth, st: stamen.


 園芸植物では,キャベツ(Thompson,1976),カブ(Orr,1978),ブロッコリー,カリフラワー(藤目,1983),ナタネ(Polowick・Sawhney,1986)などのアブラナ科蔬菜で雄ずい分化後に花弁が分化すると報告されている.蔬菜類以外のアブラナ科植物では,Smyth(1990)がシロイヌナズナにおいて花弁と内輪雄ずいが分化した後に,外輪雄ずいが分化したと報告している.また Beyer (1942)はグラジオラス,アイリス,クロッカスなどのアヤメ科花卉においても花被分化前に雄ずいが分化するとしている.しかし小杉(1955)及び Kosugi et al.(1967)はフリージアとジャーマンアイリスの花芽発達段階を分類し,外花被と雄ずいの分化を同じ発達段階で扱っており, Rees(1985)はアヤメ科花卉の花被は雄ずい分化の後に分化するとしている.
 第28図にクロッカスの小花の初期発達過程を示した.外花被原基は,雄ずい原基分化前に分化していた.小花分化時にその形状は三角形であり,その直径は約 200μmであった(1).花芽分化後,側面の頂端部が上方にわずかながら盛り上がり,外花被を分化した(2).その直後に外花被の内側から雄ずいがわずかな隆起として認められた(2,3).この頃背軸側の外花被も分化した.雄ずいは分化後ただちに発達したが,花被の発達は遅れた(4).雄ずいが卵型に発達したころ,花被も伸長を始めた(5).内花被の分化ははっきりと観察されなかった.ただし,雄ずい分化時に花芽の側面で,かすかな隆起は観察された(4).しかし,その隆起が内花被であるかどうかの明確な確認はできなかった.


kaki-k@mail.netwave.or.jp